ログイン |  新規登録
長忠略歴
長忠関係先
インスウオッチ


facebook club


RINGの会


情報戦略モデル研究所


杉並中小企業診断士会


ITコーディネータ協会

インスウオッチ10周年記念調査 : 専業代理店経営実態調査(2)
投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-4-18 14:04:13 (1712 ヒット)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インスウオッチ10周年記念 専業代理店経営実態調査(2) 長  忠    
        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週、インスウオッチ10周年の記念事業として、損害保険会社5社(損保ジャパン、東京海上日動、富士火災、日本興亜、AIU:参加順)のご協力を得て、トップクラスの専業代理店を対象に、代理店の成功要因と新しいビジネスモデルを探ることを目的に、共同調査(マルチクライアント調査)をスタートした旨お知らせしました。

今回は調査の概要をお話します。本調査については、最終的には、以下の2002年報告に準じた形で、本年12月に2010年版としてとりまとめ、出版することを予定しています。

『プロ代理店の成功要因と新しいビジネスモデル』(2002年9月発行)
      〜インスウォッチ保険代理店実態調査2002年〜
http://www.inswatch.co.jp/book/book010.htm

今回も、上記目次にあるように、プロ代理店の経営実態、成功要因、ケーススタディという構成でまとめます。具体的には、売上高5千万円以上の専業代理店を対象に、6月にWEBオンライン調査を行い、そこでTOPクラス入りした成績優秀代理店に対して、中小企業診断士による追加の訪問調査を9月から10月にかけて実施、データの分析等を行い、報告書のとりまとめを行います。

WEBオンライン調査の主な項目は以下の通りです。
財務データ
  売上高、人件費、営業利益とその推移 
非財務データ
   売上構成、顧客数と構成、 従業員数と構成 、委託型募集人の状況、来店型店舗の状況
将来ビジョン
   3年後の目標、目標達成に向けての課題 
経営成熟度(経営品質)
   マーケティング、セールス、サービス、人材、組織風土、ITのレベルについて評価 

 2002年の調査では、ケーススタディについては、予算の関係で、ご協力頂いた代理店とのメールのやり取りで済まさざるを得なかったですが、今回は参加保険会社のご協力により、訪問しての調査が可能となりましたので、より充実した調査が行えることになりました。

訪問調査は、事前に当方指定のフォーマットを配布して回収、予備診断を行った上で訪問、半日をかけて社長と面談して、経営ビジョンと経営品質の両面にわたり聞き取りを行います。経営品質については、経営数理研究所が開発した上記バランススコアーカードの枠組みに沿って診断します。

インスウオッチは、保険代理店の社会的地位向上をミッションに、そのためには企業的経営の確立が不可欠との立場で、創刊以来、一貫して情報提供をしておりますが、代理店業界が企業化に向けて大きく舵を取り始めた現在、本調査の意義は大きいと考えております。

インスウオッチ発行人 長  忠
中小企業診断士  ITコーディネータ
http://cho.eforum.biz

印刷用ページ このニュースを友達に送る