ログイン |  新規登録
長忠略歴
長忠著書
社長のための
PDCA導入マニュアル


超保険進化論

TOP1%代理店の
成功要因とケーススタディ

保険代理店ITハンドブック

超保険解体新書

プロ代理店経営WORK SHOP

プロ代理店の成功要因と
新しいビジネスモデル


IT今昔物語 デジタルで再出発 : (25)保険会社の代理店システム バラバラにWEB化
投稿者: webmaster 投稿日時: 2021-12-26 10:19:29 (36 ヒット)

インスウオッチ Vol.1117 2021.12.27 https://www.inswatch.co.jp/

前回>http://cho.eforum.biz/modules/news/article.php?storyid=198
 バックナンバー>https://bit.ly/3mi2CJN

前回安田火災のMAXを紹介しましたが、その後保険会社の代理店システムは、WEB化をスタート台にモバイル化→クラウド化と変遷し、現在AI化が進み始めていますが、最初のWEB化で業界の足並みが揃わず、大変残念なことに各社バラバラに開発が進み、それが現在も尾を引いています。

MAXを始め当初の代理店システムは、代理店側でシステムのメンテナンスが必要で、データのアップデートも保険会社のホストに夕方ダイヤルアップで繋いで行なう必要があり、更に乗合代理店では保険会社毎に用意といったことなど、普通の代理店の手に負えるものではありませんでした。

このような状況を考えると、代理店システムのインターネットによるWEB化は不可避と考え、その辺の状況を確認に、前に述べた保険流通協同組合調査の機会を捉えて、1998年に安田火災、明治生命、ニッセイ損保、AIU、ING5社のIT部門を訪問し、ヒヤリングを行ないました。

当時の日本社はいわゆる基幹系の方々が主流派で、インターネットについてはセキュリティについて懐疑的で、WEB化には後ろ向きでした。わが国はセキュリティ問題に敏感な割に対応力に欠けていて、現在銀行が更新系APIで手間取っていますが、当時を思い出しデジャブの感じがあります。

オープンAPI(Open Application Programming Interface)2021.06.30
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00146/051300054/

その後代理店システムのWEB化はAIUが先行しますが、結局日本社も業界再編の波に押される形で進み始めます。私はその頃より色々なご縁で講演の機会を頂けるようになり、講演の場ではこの状況を踏まえて〈システムは端境期なのでちょっと待て〉とアドバイスをしていました。

システムは端境期 注意! むつかしい、高い、バラバラ 2000/11/09
http://www2.biglobe.ne.jp/~cho/reponewac/sld006.htm

代理店システムのWEB化で〈むつかしい、高い、バラバラ〉の3重苦の内の〈むつかしい、高い〉問題は解消に向かいますが、〈バラバラ〉問題は残念ながら解消せず、各社それぞれ独自路線を歩むことになります。

乗合代理店の情報化(5)inswatch Vol.031 2001.03.05
http://www2.biglobe.ne.jp/~cho/inswatch/inswatch9.htm

代理店システムの共同化については、日本の損保業界は損保VANやそれに続く共同ゲートウエイなど、共同化に前向きな業界で期待をしていましたが、「非競争領域のシステムは他社と共同開発することで効率化していくべきだ」との総論は出たものの、結局各論反対で実現しませんでした。

システム共同化の道は険し---代理店システム3本立て 2002.08.22
https://xtech.nikkei.com/it/members/NC/ITARTICLE/20020820/1/

〈バラバラ〉問題が残ることで、各社がしないで済むシステム競争を行なうことになり、そのコストを消費者が負担することで、高い保険を買わされる羽目になっています。ITシステムの〈バラバラ〉問題は、保険業界に限った話でない、国全体の問題になっているところに深刻さがあります。

保険会社の代理店システムは、それぞれ微妙な違いがあるものの、各グループ機能的にはほぼ横一線で、専属系代理店(専属及び比較推奨を行なわない代理店)にとっては、概ね満足出来るシステムに仕上がっていますが、乗合代理店はシステム面から見ると、冬の時代になっています。

例えば、先ほど乗合代理店の情報化(5)で述べたNTT-ifが、現在乗合代理店向けに自動車保険比較見積システムを提供していますが、〈バラバラ〉問題を解決するために大きなコストがかかるために、フルラインサービスで初期料金550万円〜 月額料金45万円〜と、相当高額になっています。

自動車保険比較見積サービス NTT-if
https://if-insurtech.nttif.co.jp/auto/

〈バラバラ〉問題の解消に向けては、InsurTech(インシュアテック)事業者が、APIやAIなど新しいIT技術を使って〈バラバラ〉のシステムを繋ごうとする取組みが進み始めているので、そこに期待したいと思います。

(経営数理研究所代表 インスウオッチ客員研究員)
http://cho.eforum.biz/modules/xoopsfaq/index.php?cat_id=7

次回>http://cho.eforum.biz/modules/news/article.php?storyid=200

印刷用ページ このニュースを友達に送る